FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朱蒙』第37話を読んで

テソは王の摂政となり、実質的な王となる。また、ヤンジョンとの約束どおり、ヤンジョンの娘ヤンソルランと政略結婚をするのだった。(第36話に遡ります)同時にソソノを側室にしようとしたのだが、ソソノはチュモンが行方不明になっても、なお、テソを拒み、ヨンタバル商団の要職についている男性と結婚する。普通なら、王の側室という地位は望んでも得られないほどの玉の輿。でも、あくまで自分の気持ちに正直に、純潔と信念を貫き通すソソノはかっこいい!ところが・・・・・・、侮辱を受け、それに耐えようとするテソではなかった。本来ならば、どうでもいい商売に口を出し、違法な行為を指摘して、ヨンタバル(ソソノの父)を陥れるのであった。父親の代わりに自分を殺して欲しいと願い出るソソノを見て、私の前で殺して、と言いたげなヤンソルランを前にソソノを殺すことは出来ないテソ。結局、ヨンタバル商団を扶余から追い出し、決着を付けるのだった。ソソノとの事は、ヤンソルランの父親であるヤンジョンの耳にも入り、ヤンジョンは非常に憤る。テソは母親を苦しめたクムワを憎んでいたにもかかわらず、自分自身も似たような事をして、妻を苦しめるのだった。一方チュモンは、命を助けられたハンベク族の族長の娘イェソヤに愛される。その娘は反乱軍を率いたソルタクに想いを寄せられていたが、頑なに気持ちを拒んでいた。ソルタクが反乱を起こした本当の理由は、イェソヤが自分を受け入れない事だった。わりと、このドラマの登場人物は、人情味豊かで、それでいて現実的だったり・・・、恋の駆け引きなども自然な感じがする。現代人がよく使う「妄想」によって相手に恋心を語らす、なんていうのがないし。チュモンもテソもソソノも・・・、登場人物が皆、かっこいい!
スポンサーサイト

『朱蒙』第35話・第36話を観て

チュモンは生きていました!ハンベク族という、小数民族に川を流れている所を見つけられ、虫の息の状態で助けられます。ちょうどその頃、ハンベク族の中で反乱が起き、戦闘に加わったチュモンでしたが、首をはねて殺されるところ、扶余の王子だということで、殺さずに牢獄へ閉じ込められます。一方、瀕死の状態だったクムワ王ですが、ユファ夫人の献身的な看病により回復し、意識を取り戻します。ですが、すでに時遅く、家来達は皆、テソ王子の言うなり。戦火を交えたものの、あえなく敗北するのでした。「父上は最後の最後まで権力にしがみつくお方だ。チュモンが死ねば、また第二のチュモンを作るだろう」というテソのセリフには重みがありました。クムワとチュモンの関係はヘモスを介して結ばれた同志、と思っていたけれども、クムワはいつしか利己的な王様になっていて、チュモンは都合のいい側近になっていたんですね・・・。「好きにするがいい」の一言で、勝敗は決し、テソは王の摂政となり、事実上の王となったのでした。ところで、チュモンの日本語吹き替え盤の声優が変わってしまった!前の方がチュモンらしくて良かったのにぃ~。こんどの声優の声は低くて、抑揚があまりなく、チュモンの個性に合っていません!!なぜだろう?声優が病気でもしたのだろうか?う~む・・・、慣れるまで時間がかかりそうです。

『朱蒙』第34話を観て

チュモンは見つからず、クムワ王が生死を彷徨う中、テソは正式に王の代行者となります。この機に、と王の取り巻きを排除し、テソやその母親に付き従っていた者達で中央を固めます。クムワ王の寵愛を独り占めしてきたユファ夫人でしたが、付ききりで看病しているところを捉えられ、軟禁させられてしまいます。ソソノはチュモンを失って放心状態・・・。食事もとらず、ただ呆然と目に涙をうかべるばかり・・・。もう、テソの天下かと思いきや、そのテソも実は漢のヤンジョンに操られていたのです・・・。娘のヤンソルランを后に迎える事を条件に、扶余攻めを中止したヤンジョンでしたが、対等な関係など望んではおらず、属国として支配しようという企みを持っていたのでした。やはり、クムワ王はテソを皇太子とし、漢ととことん戦って、戦勝を上げるべきっだたのではないでしょうか・・・・。瀕死の王の元にヨミウルがやってきて、神通力で治そうとするのですが、王は一瞬意識を取り戻したものの、回復しません。天才的な神通力を持つ、ピョリハという少女を従えているヨミウルでしたが、何度命じても、三足カラスがピョリハの目に映りません。チュモンはいったいどこで、どんな風に生き延びているのでしょうか?

『朱蒙』第33話までのあらすじ

第28話から第33話までまとめてになりますが、大筋を言うと、クムワ王はチュモンを大将に据えて、2人の兄達にその補佐を命じ、ついに漢のチンボンとイムドゥンを攻撃させるのです。兵士には救出した古朝鮮の流民も加わり、戦術としては、鋼鉄の鎧をまとった漢軍の喉元を狙う、という作戦を立て、本番さながらの訓練をした後、戦場へ向かいます。守りは堅いでしょうが、鋼鉄の鎧を付けていたら、動きずらくて、かえって不利かもしれないですね・・・。凧に火薬を仕込み、空で爆発させて火の雨を降らすなどの作戦が功を奏し、チンボンの軍隊を壊滅させ、太子の命を取る事に成功して大勝利をおさめるのでした。ところが、軍隊に混じって戦闘に加わっていたクムワ王は右の胸を射抜かれ、重症を負います。一方、チュモンは勝機があると判断し、逃亡したイムドゥン軍を追撃するよう軍隊に命令を下します。その指示をしぶしぶ受けた兄達二人でしたが、そのまま勝利を続けることは、自分達にとっては利益にならないと考え、なんと、敵となっている漢のヤンジョンに使いを送って、チュモンの作戦を伝えさせるのです。そして、またもや兄テソの思惑どおり。チュモンの率いる軍隊は漢軍によって壊滅させられ、チュモンは行方不明に・・・。クムワ王は瀕死の状態・・・。とうとう、テソが待ち望んでいた瞬間が近づくのでした。チュモンを必死で捜索するソソノ達でしたが、川を流れてくるのは味方の死体ばかり。それでも、チュモンの死体を見るまでは、きっと生きていると言い続けるソソノ。そして、「三足カラスが消えた」という神殿の不吉な予言が・・・・・・・。チュモンが死んでしまえば物語はここで終わりなので、きっと村人にでも一命を助けられて生きているのでしょう。^^

『朱蒙』第27話を観て

今回から「朱蒙」を「チュモン」と書くことにする。テソとチュモンの皇太子争いから宮殿内では権力が2分されそうな気配を見せてきた。テソの母親は影でテソが既に王を実力で凌いでいるとまで言い始め、マウリョンに無理やり自分達に有利な進言を王に対してさせるのであった。王がテソを皇太子として認めなかった理由は、その状況下でテソを皇太子にすれば、王の力が削がれ、宮廷内をテソと王妃と巫女マウリョンに牛耳られる事を恐れてだった。なるほど・・・。クムワ王は善人と思っていたけれど、簡単に権力を明け渡すお人よしな王様ではなかったようだ。でも、自然な流れとしては、たしかにテソの力は強大になっていて、王位を譲って引退しても、国はちゃんとやっていけるだろうに・・・。そんなわけで、クムワ王は血の繋がりのないチュモンを味方にし、実の子とその母親を相手に争うことになるのだった。そして、チュモンの意見を聞き入れ、古朝鮮の流民を助け出すべく、漢との戦を画策する。クムワ王にとって、その戦争はヘモスと共有していた志を遂げる事でもあったが、同時に、自らの進退を賭けた、宮殿内の反対勢力との戦いでもあったのだ。あっさりと王位を譲るのではなく、あえて苦労をしてから譲る、というあたりは学ぶべきところがあるような気がする。でもぉ・・・・、流民を救うというのは、あくまで大義名分で、それによって多くの兵隊が死ぬわけだし、あっさりテソに王位を譲ってしまう方が世のため、人のため、という気がしますが・・・・。^^;この辺で、歴史に名を残せるかどうかが決まったりするのでしょうね。^^一方、技術者の世界も厳しいもののようで、テソが漢から招いた職人に鋼鉄剣を作られ、その技術を教えてもらえない扶余の刀職人モパルモはお払い箱に・・・。飲んだくれていたモパルモを、チュモンはケルの工場へ派遣し、鋼鉄剣の製造方法を研究させる。それだけでなく、夜中に扶余の工場へ人を忍ばせ、こっそり置いてあった材料の粉を盗み出させ、それをモパルモに送る。その中に、まだモパルモが試していなかった「黄土」があり、その黄土によってモパルモは、テソが作らせたもの以上に頑丈な鋼鉄剣の製造に成功したのだった。夜中にスパイを送るあたりは、チュモンも変わってきたな~、という印象ですね。^^目には目を、歯には歯を?そして持つべきは、ただ擦り寄ってくる人間ではなく、何かしら得技を持ち、一生懸命働いてくれる仲間。チュモンの活躍、楽しみです!

『朱蒙』第26話を観て

元タムル軍の兵士達、そして古朝鮮の流民を実際に見た朱蒙は、自分がヘモスの子である事をお供している3人の男達(オイ、マリ、ヒョッポ)に話す。そして、自分は父親が果たせなかった夢を果たそうと思うと、彼らに伝えるのだった。そして、朱蒙は宮殿へ戻り、3人の男達も宮殿内で働くことになる。クムワ王はたいそう喜び、朱蒙を王の護衛総官の職(護衛兵を束ねる役職)に着ける。そして、3人の男達は護衛兵となったのである。朱蒙の役職は、宮廷内でも秘密にされるような極秘事項も知る権利を持つような重要な役職で、まさに王の片腕。一方、王の長年の望みであった鋼鉄剣の製造に尽力したテソは、・・・なんと・・・、この時点で皇太子になる許しを得られないのであった・・・。目に涙を浮かべて王に抗議するテソ・・・。しかし、絶対君主制のもとでは、王の口から許しを得る以外、方法はないのであった。ヘモスの件が尾を引いているとはいえ、働かせた以上、なんらかの恩賞を与えるべきではないかと思ってしまうが・・・。この事が、その後どんな影響を王や朱蒙に与えるのか・・・。怒りの矛先を向けられても、ビクともしない王と朱蒙なのか・・・・・?クムワ王が神殿を無視して権勢をふるっている間に、巫女が変わり、新たな権力構造が生まれている。そして、神殿から内密に、「朱蒙王子は扶余を去るべき」との進言がなされているのだった。しかし、なお人民からの信望があついヨミウルは朱蒙に仕えると言っている。そして、井戸から血の混じった水が出るなど、各地で異変が起こり、人民は神殿の騒ぎが原因だと思い込む。現代にも通じる人間模様と、神の力を何より畏れる民衆。今なら、血液からDNAを調べて誰のものか判定するなどできるのに・・・。説明できない苦しみを解決してくれる存在を、人はどうしても求めてしまうのでしょう。^^

『朱蒙』第25話を観て

追って来た漢の鉄器軍から、かろうじて逃げ延び、古朝鮮の流民を救った朱蒙達であったが、そんなのは焼け石に水、古朝鮮の流民達は奴隷のように漢の工場で働かせられるなど、屈辱の日々を送っていたのでした。彼らにとってヘモスの存在は神にも等しく、またヘモスが率いたタムル軍は希望の星。伝説の軍隊だったのでした・・・。自分がその伝説の英雄ヘモスの子であると知った朱蒙は、クムワ王の子ではないと知ってセンチメンタルになるどころか、ヘモスの意思を継ぐべく、古朝鮮の再建に向かって突き進みます。一方、テソは扶余を外敵の脅威にさらされる事のない強固な武力を持つ国にするため、王には黙って、漢のヤンジョンと取引を続けるのでした。ヒョント城を鉄官(鉄器の製造を司る部署の役人)が訪れていると聞き、早速会いに行きます。そして、ヤンジョンの娘との縁談を進め、ヤンジョンとの関係を深めます。そうした努力が実り、ついに鉄器製造の手ほどきを受ける事に成功するのです!漢の技術者が作った刀はどんな硬いものを切ろうとしても折れることはなく、まさにクムワ王が長年求め続けていた技術を手に入れることが出来たのです!!そして、その取引にはヨンタバル(ソソノの父親)も一役買っていたのでした。父から伝授された弓の技術と大志で未来を切り開こうとする朱蒙と、しがらみの中で着々と自己の存在を高めていくテソ。対照的な二人の対決はいかに?ヤンジョンに「娘をどう思う?」と聞かれ、ありきたりなお世辞を言うテソ。そして、それを満足そうに聞き入れるヤンジョン。形式がすべて、というくらいでないと、大業をなすことは出来ないのかもしれませんね・・・。そのために男女の心が引き裂かれたとしても、無数の星屑と化してしまうのかもしれません。揺れ動くソソノの純粋な気持ちが、勝敗や結果が全てというような、無味乾燥な歴史ドラマを引き立てている、という感じがします・・・。

『朱蒙』第23話・24話を観て

『朱蒙』はかなりな人気番組だったそうですが、あまり長いと、途中で他の「本当に好きなのは誰?」的なメロドラマが懐かしくなります。^^;で、『朱蒙』ですが・・・、旅の目的は実父であり、過去の英雄であるヘモスの志を継ぐべく、元タムル軍にいた兵士を訪ね、過去の出来事について知り、再び古朝鮮(コジョソン)を再建する・・・、というような壮大なロマンを描くこと、となっていくのですね・・・。実は、朱蒙は旅立つ前、ソソノに指輪を渡していて、それは昔の朝鮮では、求婚を意味するようなのです。ヘモスはユファに指輪を渡していますし、韓国ドラマ『ファンジニ』でも、そんなシーンがありました。いま、天然石ブームですが、ちょうど、お店で売られているような、石を指輪型にして磨いただけの、シンプルな指輪です。で、それを大切に指にはめているソソノでしたが、テソから半分脅しのような求婚が続きます。ソソノの祖国ケル国は、扶余との関係なくして交易もなにもかも出来なくなるという事情があり、もしソソノがテソの求婚を断れば、そのために商団のみならず、祖国までもが危機に瀕してしまうのでした。でも、テソはソソノの気持ちが自分に向くまで待つ、と言うんですね。その辺が、私は「いい男」だな~と思うんですね。それでいて一方で、漢のヒョント城の城主ヤンジョンの娘を后として迎える話を進めるあたりが、とても現実的。(笑)朱蒙は後に高句麗の王になるとはいえ、その時点では何の力もない、ただの王の3男、しかも養子ですから・・・。扶余の王座が約束されたテソとは、条件において、比べ物にならないわけです。しかも、テソのソソノへの気持ちは本物・・・・・。これを断るってどうなの!?と、あまり、そういう話に恵まれなかった私などは思うのです。^^;で、朱蒙ですが、父親を真似て、漢から狙われている古朝鮮の流民を救出しようと、また無謀な事をしでかすのですが、自慢の弓も、鉄で武装した漢軍の兵士には、まったく通用しません。刀を交えれば、折れてしまう始末。圧倒的に武力で勝っている漢を相手に、どう戦うのか・・・・、楽しみです。^^

『朱蒙』第21話・第22話を観て

第21話・第22話は主に神殿のお話でした。巫女ヨミウルとクムワ王の確執から、神殿の存在意義が問われる事態になっており、そこに目をつけたテソとヨンポとその母親が、ヨミウルを退け、代わりに自分達の息のかかったマウリョンを巫女に据えようとします。真夜中、ヨンポが差し向けた刺客の襲撃を受けたヨミウルは、逃げ延びますが、ついに巫女の座をマウリョンに明け渡すのです。そしてヨミウルは、神殿や自分を退けた勢力へ復讐するべく、朱蒙と母のユファを味方につけようと、ヘモスとユファ、朱蒙に関する全ての秘密を、朱蒙に打ち明けるのです。「太陽の中に三足ガラスを見た」「三足ガラスは扶余に暗雲をもたらす」「三足ガラスはまだ生きているので、消し去らねばならない」等の占いを自ら打ち消すかのように、今度は三足ガラスに仕えたいと言い出すのですが、ヨミウルが今後、朱蒙の将来にどう関わっていくのか、気になります。また、兄達のさまざまな仕打ちに耐えながら競い合いを続けていた朱蒙でしたが、ヘモスが父親であったこと、つまり自分は真の扶余の王子ではなかったことを知って、太子候補から退くと王に告げるのです。そして、太子になる以外の道を求めて国外へ旅立つのでした・・・・。

こんな風に朱蒙がヘモスと自分の事を知るとは・・・・。いくら朱蒙が王から可愛がられる存在であったとしても、自分の父親だと思っていた人が赤の他人だったと知ったら、これ以上世話にはなれない、という感情も起こるのでしょうね。でも、朱蒙の旅は、そんなセンチメンタルな旅ではないかもしれません。一大勢力を作るための旅かもしれませんね。以前読んだ中国の偉人(劉邦)の話などでは、命からがら逃げ延びて、次々に人を集め、何万という勢力を作ったってありましたから。それにしても、ヨミウル・・・・、占いに従えば、抹殺するべき朱蒙に仕えるとは、何を考えているのか?「神殿から追い出されたから」というのでは、理屈に合わないと思うのですが・・・。所詮、巫女も一人の人間、自分の利益のために占いの結果を変えたりして、世知辛い世を生き延びていたのでしょうね~。^^;
プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。