FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朱蒙』第15話から第17話を観て

15話から17話まで観ましたが、地味だけれど奥深い話が展開しています。塩を一時的に手に入れた扶余ですが、一度弱みをさらけ出すと、次々と難題が降りかかるもの。友好関係とはいっても対等ではなく、漢から辺境を荒らすセイナンイ族との戦争の援軍を求められます。クムワ王はそうした漢の圧力に屈することなく、臨戦態勢を敷こうとしますが、漢のヤンジョンはテソに対し、一度約束した友好関係を破棄すると脅すのです。面白い事に、朱蒙がこうなる事を一人、予期していました。扶余の一時的な安泰を喜ぶムードの中で、一人将来を淡々と悲観的に語る朱蒙に大きなものを感じたのか、ソソノは朱蒙王子に付いて行こうと心を決めるのです。といっても、多分に女性の持つ特有の感情による判断だと思うのですが・・・。^^;朱蒙の発案により、塩の山があるとの噂がある、コサン国へソソノ率いる商団は向かうのですが、途中で盗賊に襲われてしまいます。その盗賊は、ヘンイン国の将軍が率いる落ち武者で構成されたツワモノぞろいの集団で、ソソノが最初に取引した時に襲われて反撃し、見逃した商団だったのです。ソソノに恨みを抱いていた、その盗賊は、何としてでもソソノに復讐しようとします。ソソノは扶余へ引き返す決意をしますが、またもや朱蒙が・・・・・。ソソノ達を窮地から救い、自分の志を遂げようとして失敗し、ソソノのお荷物になってしまうのです。^^;なのにソソノは・・・・、運命を朱蒙と共にすると約束するのです。結果良ければすべて良しなんでしょうが、ソソノは少し危なっかしい性格のようですね。絶対主義のあの時代、あんなに自由奔放だったら、いくつあっても命が足りない感じがしますが・・・・。^^;でも、ソソノのような人物がいたら、男女関係なくファンになってしまいそうです。^^朱蒙もめきめき力を付けてきています。ソソノの足手まといの朱蒙でなくなるのは、いつの日か?(笑)それにしても、ヨン様ファンのおばさま方の何割が、このドラマを観て面白いと思うのか、気になります。^^(内容が渋すぎる、という意味です。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。