FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天国の階段』を観て

私はネットショップの運営をしていますが、それを始める前、実店舗の方の店番をする間、ビデオを借りてきては見ていたんですね。ネットショップを始めてからは忙しくて、すっかり遠のいていました。いま、また時間がたっぷりあるので、ビデオ店で借りてきては、見ています。

で、少し古いですが『天国の階段』を観ました。この作品、韓国では「冬ソナ」より人気があったそうなんですよね。私の私感としては、無理なく泣けるドラマではあったけれど、「やきもき」部分に欠けていた気がします。主人公の女性(チョンソ/チェ・ジウ)が優しくて素直すぎたかな~?悪役といい人とがハッキリしすぎていて、味としては「超甘口」という感じがしました。大会社社長のソンジュ(グォン・サンウ)の妻の座を狙い、チョンソをいじめ続けるユリ(キム・テヒ)とその母親を除いてみ~んな、天使みたいでした。天使が3人で一つの愛を奪い合って・・・、チョンソが病気で余命が長くないとわかると、友達に。死んで角膜を提供するとか・・・・、究極の純愛って感じでしたけど、ドラマとしては、少し面白みに欠けました。おかしなもので、人間て、ほんの少し悪魔的要素があった方がいいのかな?愛していても、どこかで疑っている・・・みたいな感覚がないと、リアルな感じがしないのです。これ以上好きになったら危険とか、傷つくとか・・・。そう、このドラマには「スリル感」が欠けていました。韓国人て、お約束どおりみたいなメロドラマが好きなのかなぁ~?って考えると、辛いもの好きの韓国人、アッサリした味が好きな日本人て、単に味覚の問題のように思います。(笑)でも・・・、いまの日本人て、「裏切り」、「堕落」というような悲観的なものに支配されていて、情緒が貧しくなり過ぎている気がします。人よりたくさん裏切ろうとか、人よりたくさん堕落しようとか・・・、それでいて寂しさを理解してくれる人を探している・・・。そういう日本人は、この手のドラマを観て、心のエッセンスをもらうのも悪くないかも・・・、なんて思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。