FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朱蒙』第23話・24話を観て

『朱蒙』はかなりな人気番組だったそうですが、あまり長いと、途中で他の「本当に好きなのは誰?」的なメロドラマが懐かしくなります。^^;で、『朱蒙』ですが・・・、旅の目的は実父であり、過去の英雄であるヘモスの志を継ぐべく、元タムル軍にいた兵士を訪ね、過去の出来事について知り、再び古朝鮮(コジョソン)を再建する・・・、というような壮大なロマンを描くこと、となっていくのですね・・・。実は、朱蒙は旅立つ前、ソソノに指輪を渡していて、それは昔の朝鮮では、求婚を意味するようなのです。ヘモスはユファに指輪を渡していますし、韓国ドラマ『ファンジニ』でも、そんなシーンがありました。いま、天然石ブームですが、ちょうど、お店で売られているような、石を指輪型にして磨いただけの、シンプルな指輪です。で、それを大切に指にはめているソソノでしたが、テソから半分脅しのような求婚が続きます。ソソノの祖国ケル国は、扶余との関係なくして交易もなにもかも出来なくなるという事情があり、もしソソノがテソの求婚を断れば、そのために商団のみならず、祖国までもが危機に瀕してしまうのでした。でも、テソはソソノの気持ちが自分に向くまで待つ、と言うんですね。その辺が、私は「いい男」だな~と思うんですね。それでいて一方で、漢のヒョント城の城主ヤンジョンの娘を后として迎える話を進めるあたりが、とても現実的。(笑)朱蒙は後に高句麗の王になるとはいえ、その時点では何の力もない、ただの王の3男、しかも養子ですから・・・。扶余の王座が約束されたテソとは、条件において、比べ物にならないわけです。しかも、テソのソソノへの気持ちは本物・・・・・。これを断るってどうなの!?と、あまり、そういう話に恵まれなかった私などは思うのです。^^;で、朱蒙ですが、父親を真似て、漢から狙われている古朝鮮の流民を救出しようと、また無謀な事をしでかすのですが、自慢の弓も、鉄で武装した漢軍の兵士には、まったく通用しません。刀を交えれば、折れてしまう始末。圧倒的に武力で勝っている漢を相手に、どう戦うのか・・・・、楽しみです。^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。