FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朱蒙』第34話を観て

チュモンは見つからず、クムワ王が生死を彷徨う中、テソは正式に王の代行者となります。この機に、と王の取り巻きを排除し、テソやその母親に付き従っていた者達で中央を固めます。クムワ王の寵愛を独り占めしてきたユファ夫人でしたが、付ききりで看病しているところを捉えられ、軟禁させられてしまいます。ソソノはチュモンを失って放心状態・・・。食事もとらず、ただ呆然と目に涙をうかべるばかり・・・。もう、テソの天下かと思いきや、そのテソも実は漢のヤンジョンに操られていたのです・・・。娘のヤンソルランを后に迎える事を条件に、扶余攻めを中止したヤンジョンでしたが、対等な関係など望んではおらず、属国として支配しようという企みを持っていたのでした。やはり、クムワ王はテソを皇太子とし、漢ととことん戦って、戦勝を上げるべきっだたのではないでしょうか・・・・。瀕死の王の元にヨミウルがやってきて、神通力で治そうとするのですが、王は一瞬意識を取り戻したものの、回復しません。天才的な神通力を持つ、ピョリハという少女を従えているヨミウルでしたが、何度命じても、三足カラスがピョリハの目に映りません。チュモンはいったいどこで、どんな風に生き延びているのでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。