FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朱蒙』第37話を読んで

テソは王の摂政となり、実質的な王となる。また、ヤンジョンとの約束どおり、ヤンジョンの娘ヤンソルランと政略結婚をするのだった。(第36話に遡ります)同時にソソノを側室にしようとしたのだが、ソソノはチュモンが行方不明になっても、なお、テソを拒み、ヨンタバル商団の要職についている男性と結婚する。普通なら、王の側室という地位は望んでも得られないほどの玉の輿。でも、あくまで自分の気持ちに正直に、純潔と信念を貫き通すソソノはかっこいい!ところが・・・・・・、侮辱を受け、それに耐えようとするテソではなかった。本来ならば、どうでもいい商売に口を出し、違法な行為を指摘して、ヨンタバル(ソソノの父)を陥れるのであった。父親の代わりに自分を殺して欲しいと願い出るソソノを見て、私の前で殺して、と言いたげなヤンソルランを前にソソノを殺すことは出来ないテソ。結局、ヨンタバル商団を扶余から追い出し、決着を付けるのだった。ソソノとの事は、ヤンソルランの父親であるヤンジョンの耳にも入り、ヤンジョンは非常に憤る。テソは母親を苦しめたクムワを憎んでいたにもかかわらず、自分自身も似たような事をして、妻を苦しめるのだった。一方チュモンは、命を助けられたハンベク族の族長の娘イェソヤに愛される。その娘は反乱軍を率いたソルタクに想いを寄せられていたが、頑なに気持ちを拒んでいた。ソルタクが反乱を起こした本当の理由は、イェソヤが自分を受け入れない事だった。わりと、このドラマの登場人物は、人情味豊かで、それでいて現実的だったり・・・、恋の駆け引きなども自然な感じがする。現代人がよく使う「妄想」によって相手に恋心を語らす、なんていうのがないし。チュモンもテソもソソノも・・・、登場人物が皆、かっこいい!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。