FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朱蒙』第45話を観て

古朝鮮復活へ第一歩を踏み出したチュモン。追っ手が来ないうちにと、出来るだけ遠くへ逃げ延び、無事に扶余を出る。しかし妻のイェソヤは、宮殿を出ようとしたところをヤンソルランに捕まり、うまく逃げおおす事ができない。一方、チュモンが流民を連れて扶余を出た事を知ったテソは、(クムワとユファの湯治にお供していない)宮殿に残った兵士達を率いてチュモンを追う。チュモン達は少ない手勢でテソの兵隊を撹乱し、得意の弓で次々としとめていく。チュモンとテソの一騎打ちもあり、チュモンはテソを負傷させる。その間に流民たちは川を渡って遠くへ逃げ延び、チュモン達はその後を追う。川を渡りきったところで、チュモンはイェソヤが宮殿内に捕まったことを知り、どうするべきか悩む。ヘモスが残した言葉などが頭をよぎり、迷いはしたが、チュモンは「生きていればいつか会える」と言って、救出はあきらめるのだった。イェソヤはというと、テソから尋問を受け、どこで落ち合う約束をしていたか聞かれるが答えない。ただ、「殺してください」と言うだけだったが、ヤンソルランが刀を抜いたテソを「人質だから」と説き伏せ、牢屋へ入れることとする。その間にチュモン達は新たな国を作る土地へたどり着き、そこへ(ヨミウルから贈られた)「三足カラス」の模様が描かれた旗を立て、「タムル軍」再結成を宣言する。武器は持っていないものの、流民たちは元々勇敢な兵士達で、烏合の衆ではない。父ヘモスの意思を継ぎ、「タムル軍」を再結成したチュモンは実在した人物とはとても思えないほど凛々しい。一方ソソノはコサン国からの塩を武器にテソと駆け引きをしていて、これにはテソもかつてのソソノへの想いが吹き飛んだだろう。(笑)ドラマは半ばを過ぎたところだが、今後の展開は面白くなりそうだ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。