FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朱蒙』第54話を観て

クムワ王に呼ばれて、宮殿に戻ってきたチュモンだったが、これはやはり失敗だった。クムワは心情的にはチュモンを歓迎はしたが、扶余の今後のことを考えると、そのままチュモンをタムル軍の砦へ帰すわけには行かなかった。そこで、なんとかチュモンにタムル軍を解散させるよう説得するのだが、チュモンはこれに応じない。それを見ていて、テソを裏切り、クムワの第一の側近となっていたテサジャは密かにチュモン達を宮殿内で抹殺する計画を立てる。それを知ったクムワは激怒するが、テサジャの言うことは全くもって正しかった。チュモンがこのままタムル軍を率いて強大になれば、漢との友好関係のもとに、かろうじて国を保っている扶余は窮地に陥ってしまう。そして、チュモンに情けをかけて逃がしてしまえば、テサジャを初め、テソを裏切ってクムワを復権させた者達が、クムワを王として見限り、再び王権を巡って内乱が起きるだろう。そんな事情があり、クムワは心ならずも、チュモン達を取り押さえて牢獄に入れてしまう。チュモンは、いったいどうやって、この状況を脱するのだろうか?扶余がまるごとタムル軍になる!?まさか・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。