FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朱蒙』第56話を観て

今回は主にソソノ率いる商団のお話。といっても、この時ソソノはケル国の君長ではなく、昔、部下だった者に地位を奪われていた。ソソノからケル国の君長の座を奪った者たちは、ピリュ国の君長ソンヤンの息がかかった者で、その者がケル国を束ねている間、ソンヤンへの貢物を調達するため、ソソノ達は無理難題を強いられ、苦い思いに耐えていた。武力を持たない事を条件に商いを許されてはいたが、当時の商いは山賊に襲われた時のために武力を持つ必要もあり、ソソノ達は密かに傭兵を集めていた。そしてある日、クーデターを起こす。ソンヤン達の移動中を狙い、襲い掛かった。ソンヤンはソソノ達を全く警戒していなかった事もあり、圧勝を治める事ができたが、その争いの最中、ソソノの夫ウテが敵に刺されて死ぬ。そして、寸でのところで、ソンヤンを逃してしまうのだった。しかし、嘆き悲しむ間もなく、ソソノ達はクーデターを決行する。そして、みごとケル国の君長の座を奪い返すのだった。それを耳にしてソンヤン達はケル国に戦いをいどもうとするが、相手の兵力が全くわからず、うかつに手を出すのはやめて、様子を見ることにする。そして、以前から友好関係のあった漢のヤンジョンに援助を要請するのだった。一方ソソノは、一案をこうずる。強大となってはいたが、山の上に砦を構えたままのタムル軍に軍事力の援助を頼む代わりに、ケルの土地を貸そうというのだった。ソソノはその話をするため、かつての恋人チュモンを訪ねる。その案は土地を持たないチュモン達にとって、願ってもない話ではあったが、将来、同じ土地に王が2人存在することになった時、ソソノと王の座を争わなければならなくなる、という問題があった。土地を貸す、なんていうのは、ケルの支配下に入らなければありえない話のような気がするが・・・。いくらチュモンとソソノが変わらない友情(愛情?)で結ばれていたとしても、免れることの出来ない宿命だろう。本当にそんな取引をしたのだろうか!?しかし、巫女の一人が「三足カラスは巣を変えなければならない」という亡きヨミウルの声を聞く。夫のウテを亡くし、一国の最高権力者として、国の運命を任されたソソノ・・・。いくら男のように育てられたといっても、なんだか見ていて痛々しい。そして、辺境へ追いやられていたテソがヤンジョンに呼び出され、ソソノを討つ先頭に立つよう命じられる。テソのソソノへの気持ちは完全に消えているのだろうか?2代目、3代目ならともかく、初代の女王になる人なんて、恐ろしいほどの頭脳と器量と精神力だったのだろうな・・・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。