FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朱蒙』第59話を観て

窮地に陥ったソソノだったが、もはや退路はない。チュモンからの連絡を待ってはいたが、ソンヤン暗殺を企てる。一方チュモンはというと、決してソソノからの申し出をはねつけていたわけではなく、なんとかソソノを救出する術を考えていた。しかし、チュモンには、うかつに動けない理由があった。妻のイェソヤと子供のユリが人質として扶余に居たからだ。扶余宮殿ではテソの妻ヤンソルランに子供が生まれず、テソに側室を迎える話が出ていた。ヤンソルランは、チュモンとイェソヤの間に子供が生まれた事が、急かされる原因だと思い、嫉妬心からユリに毒をもって殺そうとする。ユファ夫人がそれに気付いて、危機一髪、ユリは死なずに済んだのだが、それ以来、ユファ夫人はなんとかイェソヤとユリをチュモンの元に送り届けようと画策する。そんな中、テソはチュモンを討つべく軍備を整え、クムワ王からの指示をひたすら待っていた。あちらでも、こちらでも、火種がくすぶり、緊張状態が続く。そして、ソソノはソンヤン暗殺にしくじり、深い傷を負ってしまう。だが、そこへチュモンが救出に向かっているのだった。なんとか、人質のいる扶余と戦火を交えないよう知恵をしぼって、ピリュへ向かうところで第59話は終わり。それにしても、ソソノがかっこ良過ぎ!普通女の大将というのは、背後で人を操るだけというイメージがあるが、先頭に立って切り込むのだから!!ああいう姉御肌の人になら、喜んでついて行くかも。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。