FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『朱蒙』第63話を観て

戦わずしてチョルボンの諸民族を統一することに成功したチュモンだったが、それまでは傍観していた漢と、タムル軍に支配される事を恐れた扶余が同盟を結んでしまう。そして、周辺の全ての国が、漢からの圧力に屈し、ケルとの交易を拒むようになる。それだけではなく、チョルボンでは長雨が続き、疫病の兆しさえ見えていた。チュモン達に残された道はコサン国の塩を武器に周辺国と交易を再開する事と、遠く南部の方へ出向いて新たに商売を始める事だけだった。コサン国へ赴くには途中、敵国を経由しなければならず、強引に突破しようとして失敗する。残るはあと一つの道のみ。無理だと言う側近達に対し、ソソノはなんとか手を打とうと決意を示すのだった。そんな時、テソが放った刺客がチュモンを襲う。この刺客は以前にもチュモンの陣地へ忍び込んだ事があり、チュモン達の事を良く知っていた。極寒の中、相撲大会を開き、部下が本気を出してチュモンを投げ飛ばしても不和が生じない、という自由な気風、士気で満ち溢れた陣地の雰囲気に驚き、密かにチュモンを理想の大将の姿として慕っていたのだった。そんな刺客だったが、家族を人質に取られ、テソを裏切れば家族の命はない、という状況。そして、やむなくチュモンの寝所へ忍び込んで剣を振りかざすが、チュモンがそれに気付いていて、危機一髪、刺客を取り押さえることが出来る。刺客は問いただされて、テソから命じられた事、家族を人質に取られている事、そしてチュモンを慕っていた事、すべてを話す。命乞いだと言って、早く殺すように、周囲の者達はチュモンを急かすが、チュモンはその刺客を解放する。そして、扶余へ帰り、自分を殺したと言うように命じるのだった。そして、チュモンはそれ以後、会合にも民衆の前にも姿を見せなくなる。チュモンには、なにか良い知恵が浮かんだようだった。扶余宮殿では、テソがチュモンの生死を探るよう人を送って確かめたが、すっかりチュモンは死んだものと思い込む。そして、チュモンは数人を引き連れて、どこかへひっそりと旅立つのだった。何が起るのか?チュモンはこの危機をどんな風に乗り切るのか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペンシル2010

Author:ペンシル2010

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。